讃岐ぶぎうぎエンジェルの徒然日記

言いたい放題!毒舌中年女のたわごとです。

大阪地震によるブロック塀倒壊で亡くなった高槻市の小4女児(9歳)は事故死ではなく市教育委員会の怠慢による殺人である

お題「最近気になったニュース」

天災でも事故でもなく人災だった

地震によるブロック塀の倒壊で9歳の女の子が亡くなったと聞いたときには、ただ不憫だと思った。

もうあと1分早く家をでいていたら、もうあと1分遅く家を出ていたら、親は色々なことを思って悔やんで哀しさにくれただろう。天災なら仕方ないと思うしかない。泣き寝入りするしかない。

しかし、それは天災ではない、人災だったのである。

防災アドバイザーが小学校に指摘

3年前に防災の専門家がこの壁は危ないと校長に助言。校長はそれを高槻市教育委員会に報告した。

そもそも教育委員会の人々は何をしているのかよくわからない。きっと、みんなで毎日、日が暮れて定時になるまで暇をつぶしているのだろう。

専門知識のない職員がちょっと叩いて「大丈夫」の判断

暇をつぶしていた職員の1人か2人が点検を命じられた。もしかして教員免許は持っていたり、学歴は良かったりするかもしれないが、建築などの専門知識のない、ただの地方公務員だ。

ちょっと叩いて動かなかったから大丈夫だと判断したという。おまえは子どもの使いか!

しかも、それを上司が納得したから、件の事故(殺人)が起きたわけである。

教育委員会が第1の悪の根源

点検した職員も職員だが、それを命じた上司も上司だ。専門家に指摘されたのに素人をよこすとはどういう了見だ。

第2の悪の根源は小学校の校長

校長は報告したからいいと思っているのか?

こいつも同罪だ。後追いもしかなかったわけなのだから。専門家でもない教育委員会の職員が大丈夫と言ったから責任を果たしたとでも思ったのか?

所詮、教育委員会も先生や校長も同じ穴のむじなということだろう。責任を持って確認しろよ。

私が親なら死刑求刑

本当に許せない。教育委員会や校長の怠慢によって救える命が失われたわけだ。

彼らも人の親なら、親でなくても、まがいなりにも教育の現場に身をおく人なら、もっと真摯に仕事に向き合うべきだろう。

たまたま、偶然、想定外、ではなかった、殺人と言えよう。

世界はいまだに日本人を“エコノミックアニマル”と誤解しているが、いかに公務員が仕事をサボっているかをわかっていない

お題「最近気になったニュース」

火元は中抜け職員の減給処分

英紙デーリー・メール(電子版)は、神戸市水道局の男性職員(64歳)が勤務中に約3分間の中抜けを繰り返したとして減給処分になったことを紹介し、「苛酷な仕事文化」などの見出しで報じたそうだ。

7カ月でわずか78分の中抜け

件の職員は昨年9月からの7カ月間で26回、昼休み前にそれぞれ約3分間、職場の水道センターを抜け、近くの飲食店で弁当を注文していたという。

まぁ、7カ月でわずか78分(26回×3分)の中抜けについて処分されたのだから、日本の文化を知らない海外メディアがこう思っても致し方ない。

この減給処分には大きなトラップがある

この記事(減給処分)は、該当職員以外は3分たりともサボらずに仕事している、と言っているとも読み取れる。海外メディアの解釈はそうだろう。

減給処分の記事を読んだときから、失笑ものだと私は思っていた。もっとサボってる職員が掃いて捨てるほどいるだろうに、たまたま上司の反感をかって見せしめにあっただけの話だろう。

のんびり産休とる方がよほど給料泥棒

市役所や県庁にはどれだけサボってる人がいるか。

78分サボるより、のんびりと枠いっぱい産休とってる方がよほどサボりではないか?

タバコを吸う人は3分どころじゃないくらい席を空けているし。

仮病で休む人もいるし、ゆっくりとしか業務をしない人も多い。二日酔いでボーッとしてる人もいる。

見えるところでもそうなのだから、見えないところはもっとすごいはず。3分どころの騒ぎじゃないだろう。

2割の有能社員が2割の赤字社員を食わせている

もちろん、官民問わず一生懸命に仕事をしている人もいる。約2割。

会社は6割の人がプラマイゼロのとんとんで、稼ぐ2割の人が、生産性のない2割の給料泥棒を養っていると言われている(私が思ってるだけかも)。

水道局の職員は、昼になってから行ったのでは混むから時間をずらしていたという。何となく彼は給料泥棒ではなかったように思うのだ。

 

 

 

 

カナダで大麻が合法化する中、副流煙をもまき散らす「タバコOK、大麻NG」を国民に強いているニッポンの裏事情

カナダで合法化、世界各地で嗜好されている大麻

カナダでマリフアナ(大麻)の合法化を認める法案が国会で可決されたらしい。

国レベルで嗜好用マリフアナの合法化が認められるのはG7=主要7か国(フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ)では初めてだそうだが、オランダなど合法の国はいくつもあるし、禁止していても罰則がなかったり取り締まりがゆるかったり、実質的には容認されている国もある。

違法や乱用が横行するくらいなら合法化が得策

今回のカナダの合法化は、下手に禁止して水面下で違法な取引が横行するくらいなら合法としてコントロールすようとする政策だろう。

オランダも似たような理由だったと思う。今さら禁止できないほどみんな嗜好していてからの合法化だったと記憶している。

かたや日本での大麻の認識は?

かたや日本での大麻の認識はどうだろうか。

タバコよりも大麻が悪い、犯罪、ひどい、不届き物、違法、人間失格、極悪非道、みたいな扱いだろう。本当にそうだろうか?

「タバコより大麻がヘルシー」byオランダ人

20年くらい前、その頃喫煙者だった私に、オランダ人で嫌煙者の知人が「毎日煙草を吸うよりも、週に1度マリファナを吸う方がヘルシーだ」と助言。

どちらが身体に悪いか、大麻の方が悪いから禁止しているに違いないと思っている人は日本政府の罠にまんまとはまっている(洗脳されている)のではないか。

脱法ドラッグでの事故について

ひと頃、脱法ドラッグでの事故が多発し、ドラッグが悪い!と一刀両断にしていたが、それなら酒だってそうだろう。酒のようにルールを作って解禁にするという方法があるはずだ。

しかし、日本政府はそうしない。なぜか。

なぜ日本は煙草や酒を守るのか

JTという会社は今でこそ民間の株式会社を名乗っているけれど、所詮は元専売公社。親方日の丸、今でも大株主はニッポン政府(財務大臣)というわけだ。

身体に害があろうが副流煙をまき散らそうが、会社と社員や生産に携わる人々は安泰だろう。安泰であるように政府が守ってくれる。

財務大臣JTの大株主ゆえ

そのためには強力なライバルとなり得る大麻を容認するわけにはいかない、のではないか。強力なライバルどころか、大麻の方がずっと身体に良くて、まわりにも迷惑かけずに安価に生産できるかも知れない。

大麻を自家栽培して自給自足などされてタバコを吸わなくなれば税金にも大打撃だ。

しかし、この国で大麻が日の目を見ることはないだろう。

ちなみに、政府が煙草会社の株主になっているのは世界でも日本だけらしい。株を売るつもりもないはずだ。

 

 

 

 

男と女の恋活・婚活事情② 遊び慣れてる風キャリア系独身未婚女子がひた隠す「結婚願望」と「純情」

いけてるキャリア系美人アラフォーA子の場合

人の見た目と中身は必ずしも合致するとは限らない。

そんなことはわかっている、まぁそこそこ長い人生経験を積んでいる私さえも驚いた独身女性がいる。仮にA子としよう。

彼女はカタカナの職業で仕事をバリバリとこなし、服装はさりげなく流行を取り入れ、ルックスも良く、明るく楽しい人40歳オーバー、独身婚歴なし女性だ。

時間もあるし、お金もある。ひとり暮らしは充実している風で交友関係も広い。

さぞ、もてるだろうと思っていた。実際にもてていたと思う。今も。 

その見た目から適当に遊んでいると思っていたら…

あまり恋愛について語らないのは、人には言えない大人の恋(不倫)だったり、それなりにつまみ食いをしたりしているからかなぁ?と私は勝手に想像していた。

結婚したくないわけじゃない、と言っていたけど…。

そんなA子に言い寄る男がいた。離婚歴がある遊び人で口八丁手八丁のB男、同世代の40歳オーバーだ。

プレイボーイの毒牙に

女癖が悪く、女好きで知られるB男がA子を誘っても何ら不思議ではない。

お互いに独身だし大人の恋ができると思ったのだろう。割り切った大人の恋。

それが、まさか最初からA子が結婚を前提にした付き合いを迫るとはB男も思っていなかったと思う。もう少し良心のある男なら、A子とは付き合わなかったのだが…。

実はその見た目とは裏腹、A子は異性関係に真面目で付き合うなら結婚を前提に!と思っているアラフォーだったのだ。

男の立場に立ってみる

結果的にA子はB男にひどい目にあったわけだ。経済的にも、精神的にも、肉体的にも。まあ、この場合、使わないともったいない?ので肉体はいいとして。

この一件(A子の失恋)で、A子には悪いが、私が男だったとして考えてみた。いい年のいい女だから、気軽に声をかけて遊ぼうと思ったら、結婚を前提にと言われたわけだから、ドン引きするというのが本心だ。

男を見る目なさ過ぎ

そして、A子はひどい遊び人さえ識別できなかったわけである。遊びモードか真剣モードか、判別センサー作動せず、ただ「結婚」がインプットされていたのだろうか?

 

 

男と女の恋活・婚活事情① 自分を高い棚にあげて高望みする独身男女たち

今は死語「クリスマスケーキ」

ひと昔かふた昔前は、25歳を過ぎた未婚女性は「クリスマスケーキ=売れ残り」と揶揄されていた。しかし、晩婚化が加速している現在において、そんな言葉は死語(これも死語)だろう。

加速する晩婚化

今では中高年の恋活・婚活パーティも盛んで、30歳、40歳過ぎての結婚も珍しくない。それどころか、浅野ゆう子のように50歳を過ぎて、阿川佐和子のように60歳を過ぎて初婚のケースもままある。王貞治さんは10年ほど同棲し、78歳で再婚した。

離婚する人は再婚できる

しかし、離婚歴のある人が再婚するのはまた話しが別である。一度結婚をした人は、放っておいても恋愛や再婚できるからだ。

結婚へのハードルが低くなるのか、こらえ性がないのか、学習能力がないのか。

-人は判断力の欠如によって結婚し、忍耐力の欠如によって離婚し、記憶力の欠如によって再婚する- とは上手く言ったものだ。フランスの劇作家アルマン・サラクルーの言葉。

その論理で言えば、結婚しない人は、判断力に長けているということになるが、そうだろうか。

高望み例その1

結婚歴のない独身男女がすべてが表題の通り高望みしてるとは言わないが、恐ろしいくらい高い棚に自分をあげて高望みしている輩は案外多いように思う。

例えば40歳を過ぎてる公務員男性の場合。見た目はださくておっさんの中のおっさん、だけど、公務員で収入が安定しているし、人柄も良い人だったので、30歳後半の知人を紹介してあようとしたところ…「子どもが欲しいから30歳代はちょっと…20歳代がいい」とのたまったのだ(怒)

実例はこのほかにもたくさんある。また気が向いた時に追々…。

 

 

 

高校バスケの試合中に審判を殴ったコンゴ共和国出身、15歳留学生の悲鳴。最愛の家族と離れて異国の地で暮らす孤独。

お題「最近気になったニュース」

見た目に反してまだまだ幼い15歳

昨日17日、高校バスケ九州大会で宮崎県の延岡学園高校の留学生が判定を不服として審判員を殴りけがをさせた。20歳代の審判は10針も縫う大けがだったらしい。

SNSで動画が拡散されて世間が知るところとなった。

身長2m以上ある黒人選手が突如審判を殴る映像をみると、あたかも審判が被害者のように見える。実際、被害者なのだが…。

中学を卒業して日本に来たばかり?

しかし、彼はまだ高校生で平成14年12月生まれの満15歳。

バスケの強豪高校とされる同高校には2人の留学生がいて、ひとりはコンゴ出身、もう1人が今回審判を殴ったとされるコンゴ共和国出身の15歳だ。

年齢から推測すると、今年3月に中学を卒業して高校生になったばかりで来日したことになる。

コンゴ共和国は国連人間開発指数135位/188カ国中

もっとも、コンゴ共和国の国民みんなが中学校に通えるか、教育を受ける余裕のある生活をしているかどうかはわからない。

少しコンゴ共和国について調べてみると、自然美が残る【秘境の地】で、最近まで内戦があって、社会開発は遅れており、国連人間開発指数(2015年)では188カ国中135位だという。

貧しさから抜け出すために…

国連人間開発指数を誰がどうやって決めているのか知らないが、つまりは発展途上国で人々は貧しい暮らしを強いられているということだろう。

その貧しさから抜け出し、家族や親戚を守るために彼はバスケをがんばって経済的な富を得ようとして日本にやってきた。多分。

コンゴ共和国に帰りたかった

先進国から割のいいバイト感覚で助っ人にやってくる野球選手とはわけが違う。

いかに逼迫した状態であっても、いかなる覚悟で来日したとしても、彼はコンゴ共和国に帰りたいと思っているはずだ。そこには大切な家族がいる。発展途上国こそ家族の結束は堅い。

言葉も通じない、家族はいない

見た目が大きくても、幼さ残る15歳。言葉の通じない異国の地で家族もいない。家族も日本と違って核家族ではなく、親戚縁者が一緒に暮らしているのではないか。

孤独と寂しさでメンタルがボロボロになってもやむを得ない。同情する余地が大ありだ。学校側も被害者の審判員も、そのあたりの事情に配慮したのではないだろうか。

せっかく体格にも恵まれ、日本に来るチャンスを得たのだからホームシックを乗り越えてどうにかがんばって欲しいと思う。

 

 

 

 

母親の車にひかれて死亡した4歳児は「8人兄弟の四男」で考える、ひとりっ子を亡くす親と、子だくさんのうちのひとりを亡くす親はどちらが不幸か。

本当にいたたまれない事故

子どもが亡くなる記事はそれだけでもいたたまれないが、不慮の事故で親が子どもを死なせてしまったケースは特にいたたまれない。

家から出た後の事故でも親はきっと悔やんだり責任を感じてしまうと思うのに、自分の車で…親の心中を察すれば、考えただけで心をかきむしられる思いだ。

8人兄弟の四男と知って救われた思い

本当に辛い出来事であるが、亡くなった4歳児は8人兄弟の四男だった。それを知って私は少しだけ救われた気持ちになった。

8人兄弟のひとりだから悲しみは8分の1、という理屈にはならないが、例えば子どもが生きる希望だったとして、まだ希望が残されている、ということになる。

しかし、ひとりだったらどうだろうか。

命の重さや哀しさ、価値を兄弟がいることで割ったり引いたりできるものではないだろうが、子どもが亡くなった事件や事故を耳にすると、やはりその背景や家族によっては哀しさや同情の気持ちが違ってくる。

子どもが亡くなる悲しみの大きさを比較するとは本当に不謹慎な話かもしれないが、やはり子どもの人数によって悲しみの程度は違うのではないだろうか。

ひとりっ子を亡くした事故

2004年に六本木ヒルズ回転ドアで亡くなった子どもは確か一人っ子だったと思う。

2007年に闇サイトで知り合った面識のない3人グループに強盗目的に殺された成人女性は母ひとり、子ひとりの母子家庭だったと記憶している。

2015年に香川県脱法ドラッグを服用していた男の車にひかれて亡くなった小学生も一人っ子だった。

また、不妊治療の末、高齢でやっと授かった我が子を亡くす場合と、これから子宝に恵まれる可能性のある若い親が子どもを亡くした場合も少し心証が違ってくる。

 

お題「最近気になったニュース」

亡くなった男児の冥福を祈るとともに

とは言え、未来を担う子どもの命が失われてしまったことは当事者の親だけでなく社会にとっても辛く悲しい出来事であることに変わりない。

今回の事故を起こしてしまった母親は他の7人の子どもたちのためにも、早く元気になって立ち直ってほしいと思う。