讃岐ぶぎうぎエンジェルの徒然日記

言いたい放題!毒舌中年女のたわごとです。

24歳サバ読み詐欺師「山辺節子」を筆頭に、若作り中年女が蔓延する現代ニッポン

楽天トラベル

タイに逃亡していた女詐欺師・山辺節子

昨年、国際指名手配され、タイで逮捕された山辺節子という女詐欺師を覚えているだろうか。言葉巧みにお金をだまし取り、タイにとんずらしていた女だ。

逮捕当時、実年齢62歳にもかかわらず38歳と語り、若い現地の男と同棲中。若作りのルックスと図々しい年齢サバ読みが話題となり世間を騒がせた。

24歳のサバを読んでいたというが、タイ人の男はそれを信じていたかどうかは不明。そもそもお金を引っ張るための日本人女性の年齢になど興味はないだろう。彼がそうだったかどうかは知らないが、アジア諸国には日本人女性の財布をアテにしたい男が掃いて捨てるほどいる。

ほとんどの中年女性は実年齢より若く見えると思っている

山辺節子に関しては、若作りだの、38歳には見えないだの、色々な意見が飛び交ったが…彼女と似たり寄ったりの若作りサバ読み女は今の日本にごまんといる。みながそう思ったからこそ世論が盛り上がったのかも知れない。

身なりに無頓着ではない、そこそこ小ぎれいにしている女性のほとんどが「私は実年齢よりも若く見える」と自負しているのではないだろうか。

全国津津浦浦で「え~、○○歳には見えな~い」というお世辞が数え切れないほど行き交っているはずだ。若く見えることも、そうありたいがために努力することも、決して悪いことではない。キレイなおばさん、キレイなおばあちゃんが増えるのは経済的にも良さそうだ。

 年相応の美しさはOK、年齢に逆らう若作りはNG

ただ、年相応の美を目指すことは推進すべきだが、怖いのは「もっと若く見られたい」と思って若作りすることである。

色々なケースがあるが、例えば体型が同じだから中高生の娘と服を共有している女。そういう女はたいてい社会性も欠如している。自分が見えていないからだ。

若い頃に多少もてて美しかった美魔女系もやばい。自分の見た目年齢を見誤っているから、若い男性の恋愛対象であると勘違いしていたりする。「全然40歳には見えないです!」とか言ってしまったばかりに勘違いアプローチされた若い男性はかなり迷惑だ。

若作りがなぜ怖いのか。自分では気がつかないうちに、どんどんサイボーグ化してしまうからである。私の知人には様々なレベルのサイボーグ女性がいる。詳しくは言えないが、レベルマックスのサイボーグ女性はサイボーグを増殖する仕事をしている。本人は気がつかない。私も気を付けなければと思うのだが…本人は気がつかないのだから厄介な話だ。