讃岐ぶぎうぎエンジェルの徒然日記

言いたい放題!毒舌中年女のたわごとです。

「酸素吸入器つけて高座」で客は本当に楽しめたか?アキラ100%に「裸でお盆を持って何が芸ですか」と苦言を呈した落語家・桂歌丸さん死去

落語への執念

マスコミは美談にするが…。

news.yahoo.co.jp

もはや老害だったのでは?

裸でギャグするアキラ100%は笑えるし、苦労時代が長かったから売れて良かったと思う。

しかし、鼻チューブに車椅子で表れて落語する歌丸さんは笑えなかった。

私はね。というか落語はあまりよくわからないしい、聞いたことがない。興味もない。

私が落語をわからなかったように、歌丸さんは最近のお笑い芸人についてわからなかったのではないか?

それなのに歌丸さんは、アキラ100%を非難した。

「言っちゃ失礼ですけど」と前置きしたうえで勘違い発言

「裸でお盆を持って出てきて、何が芸なんですか?と。私は違うと思うな。ああいうのを見て、面白いな、うまいなと思われちゃ困る」

「日本語であり、日本の文化であり、日本の言葉を使って、笑いと取るのが芸人であり、我々、噺家だと思います。だから、大いに日本人に聞いていただいて、日本語を理解していただきたい」と言ったそうだ。

この発言の頃、私はまだこのブログを始めていなかったが、怒り心頭だったことを忘れはしない。

自分は芸人でアキラ100%は芸人とは認めない?

時代の変化や多様な笑いの文化を認めず、権力にかまけて自分の笑いを押しつける。

どんなに偉い人か知らないけどパワハラだわ。これこそ日本の老害文化体質。

亡くなったことには冥福を祈りたいが、生前の彼の発言は実に許し難いものだった。