讃岐ぶぎうぎエンジェルの徒然日記

言いたい放題!毒舌中年女のたわごとです。

パワハラ運送会社の社長に体罰を受けた男性被害者とセブンイレブン変態店長にセクハラされた女性被害者の類似点

お題「最近気になったニュース」

毅然と拒否しない被害者たち

運送会社のパワハラ社長はホント、ひどい。バリカンで丸刈りや高圧洗浄機を人体にあてるとか、少し間違えれば殺傷ものだ。

セブンイレブンの変態セクハラ店長も、マジきもい。社会の窓(死語?)から手を出して…おどけて見せてる?

どっちの加害者もあんまりだけど、それを助長させたのは被害者の曖昧な態度ではないかと思う。

f:id:bugiugiangel:20180921002044p:plain

セブンイレブン店長を撮影していた動画から聞こえてくる悲鳴は、お化け屋敷を楽しむ声とも思える。

逆上しないように曖昧に笑って対応したというが、その愛想笑い?は喜んでいると思われたのではないか?

嫌がっているのに喜んでいると勘違いする男性は多い!

そんなことは当たり前の話だ。若いから知らなかったのかな。

パワハラ社長と運転手は小学生感覚

他方、パワハラ社長はブログに次々とアップしていたくらいだから、多分本気で遊び感覚なのだろう。小学生のプロレス技的な。いじめっ子の典型的なパターン。

この社長が社員で被害者が社長でも同じ構図になるのでは?と思ってしまった。

どっちも加害者はもちろん悪いけど、被害者はなぜ嫌だと思った時に嫌だと意思表示しないのか。

いかにも日本的な被害者たち

海外旅行へ行くと、日本人はその場では何も不平不満を言わず、笑って従っているのに、後になって代理店などにクレームを言ってくるのだそうだ。

物を無理やり売りつけられた、とか。嫌なら買わなきゃいいのに…。

諸外国の人にしたら「はぁ?何でその場で言わないの?」と不思議に思うと言う。

案外、その場で拒否していたら、加害者はやめたのではないかな。

嫌なことは嫌と、オンタイムで意思表示するべきだ!と痛感。

(もともと私はするけどね)

headlines.yahoo.co.jp